東京実業健康保険組合

東京実業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

70歳以上75歳未満の高齢者の負担軽減措置

70歳以上75歳未満の高齢者は、医療費の自己負担割合が70歳未満の方より負担軽減されています。

  • ※75歳になると後期高齢者医療制度の被保険者となります。こちらをご参照ください。

医療費の自己負担割合

70歳以上75歳未満の高齢者は、医療費の自己負担割合が70歳未満の人より軽減されています。なお、受診の際、健康保険証兼高齢受給者証の提示が必要となります。

70歳以上75歳未満の自己負担割合

高額療養費の自己負担限度額

外来の場合の「個人ごとの自己負担限度額」と、同一世帯で同一医療保険に加入している場合に、外来と入院の自己負担額を合算する「世帯ごとの自己負担限度額」があります。
なお、世帯合算した額が自己負担限度額を超える場合の高額療養費は、あとから払い戻しを受けます。

区分 自己負担限度額(月額) 限度額適用認定証
の発行について
  入院+外来
外来(個人ごと) (世帯)






標準報酬月額 83万円以上
【現役並みⅢ】
252,600円+(医療費-842,000円)×1%
<140,100円>
必要なし
標準報酬月額 53万~79万円
【現役並みⅡ】
167,400円+(医療費-558,000円)×1%
<93,000円>
必要(申請してください)
標準報酬月額 28万~50万円
【現役並みⅠ】
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
<44,400円>
必要(申請してください)




標準報酬月額 26万円以下
【一般】
18,000円
(年間上限144,000円)
57,600円
<44,400円>
必要なし
  • ※直近12ヵ月間に3回以上高額療養費に該当した場合、4回目からは多数該当の額に引き下げられます。
  • ※75歳の誕生日を迎える月は、健康保険と後期高齢者医療制度それぞれの被保険者となるため、特例として、その月の自己負担限度額が半額になります。(誕生日が1日の場合は特例の対象外)
  • ※低所得者の方の自己負担限度額はこちらをご参照ください。
  • 『現役並み所得者の限度額適用認定証について』
  • ※平成30年7月診療分までは、「健康保険証 兼 高齢受給者証」を医療機関等の窓口に提示することで、窓口負担額を自己負担限度額までとすることができます。
  • ※平成30年8月診療分から、区分が現役並み所得者の【現役並みⅠ】と【現役並みⅡ】に該当する方は、「健康保険証 兼 高齢受給者証」と合わせて「健康保険限度額適用認定証」を提示することで、窓口負担額を【現役並みⅠ】と【現役並みⅡ】の自己負担限度額までとすることができますので、「健康保険限度額適用認定申請書」にて当組合に申請してください。
参考リンク

ページ先頭へ戻る