東京実業健康保険組合

東京実業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定保健指導

特定健診の健診結果と質問票(血糖や血圧を下げる薬の服薬・喫煙の有無等)をもとに生活習慣病のリスクの程度に応じて「動機付け支援レベル」と「積極的支援レベル」の指導に分けられます。リスクの少ない方は、「情報提供レベル(非該当)」となります。

特定保健指導

  • 生活習慣病予防健診(B、D1、D2区分)
  • 総合健診(日帰り人間ドック)
  • 婦人生活習慣病健診(B1、C1、C3区分)
  • 特定健診(集合契約Aタイプ、E区分)

上記の健診を受診した40歳~74歳の方々が対象です。
受診した健診の特定健診部分の健診結果を階層化し、メタボリックシンドロームと判定された方へ実施のご案内をします。

東実総合健診センター

組合員の方が東実総合健診センターで日帰り人間ドックを受診され、その結果、特定保健指導の対象になった場合は、医師の面談後に別途ご案内いたします。
※受診当日に保健指導を受けることができます。

ページ先頭へ戻る